半年後の状況

板橋のフルはDNFでした。当初の予定通り。イシケンさんとの会話から行ってみたまで。
とても走れる状況ではなかった。半分で切り上げたが・・それでも、走りすぎ。
霞ヶ浦の10マイルはとても走れる体ではなくなっていた。
左ハムストリンク゛の痛みは、しばらく取れず。jogと散歩の交互の繰り返し。
4月、5月、6月、7月、8月誕生日記念独り記録会も中止、9月も半ばになり
少しずつ走れるように、でも早すぎたのかな・・・・
南和友先生の本で、細胞の再生日数に、血液は20日から30日、筋肉200日とあり
肉離れも6から7ケ月で回復すると確信した。
jogの強度を上げてみ見たが、心肺機能や反射神経系統の老化がいち早く進み、故障から
の復帰よりも老化の方が進んでいる始末。どうしたらいいの?10月初めの流山ロードレース
は炎天下32度越えとなり、やっと完走できたくらいで最悪のタイム。
少しずつ戻せば・・・という甘い考えは、手賀沼(10/28)の1w前でも何ともならず、参加する
だけになりそう。オリンピックのように。1w前の5kmのタイムトライアルは流山より悪く、
その後の調整でも改善できず、もはや引退の時期に来ている。
レースはしばらく諦めます。健康のためにjogします。
本ブログもしばらくは方針変更に向かいます。どうしようかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック