驚きと感動の練習内容

今朝、ネットの中で偶然にも君原健二選手の記事を目にした。1日置きに練習をしている。15km走っているとのことで、月200km走るとのこと。2年後にボストンマラソンの優勝者としての招待があるとのこと。そこで4時間
程で完走を目指しているとのこと。マラソンランキングを見てみると72歳時の記録(昨年)3:42’22”で14位にランクインしている。良く大会のゲストとして紹介されているが、実績も今の練習も無駄なく継続されている姿勢
といい感嘆に値する。まだ走れるうちは継続するよしにて、健康が基本のマラソンでは無理にやめる必要もない。元気なうちは走ればよい。
器も実績もない自分の練習方法を考えて、無理すれば故障しかなく。やらなければどんどん離されていく。土台いっしょではないのだから、同じ土俵での考えに無理がある。
15km×15日=225km 70代の練習内容として参考に考えよう。
15kmという数値の感動は走っていないと分からないだろうな。普段15kmを走っているジョガーはいない。ランナーでも数少ない距離である。一流を極めた達人の感覚がここにある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック